トップページ >  ラクトフェリンの成分鑑定 >  ライオン ラクトフェリン 

ライオン ラクトフェリンの成分を調査しました!

ライオン ラクトフェリンの成分のポイント

ライオン ラクトフェリンの全原材料

マルチトール、デキストリン、ヒハツエキス、ラクトフェリン(乳由来)、 結晶セルロース、HPMC、アルギン酸 Na、CMC-Ca、微粒酸化ケイ素、 グリセリン、タルク、ステアリン酸Ca (※H27/6/30より一部変更)

腸までしっかり届けるラクトフェリン300mgも含まれている

母乳や初乳に多く含まれる成分であるラクトフェリンだが、 市販で売られている加熱殺菌された牛乳などにはほとんど含まれていません。 普段の食事ではなかなか摂りにくいのに、 ライオンのラクトフェリンは、腸までしっかり届ける形で300mg(1日分)のラクトフェリンが含まれています。
(※*機能性表示食品制度により、商品には下限値として270mgと記載しておりますが、配合量は300mgです。)

内臓脂肪を低減させ、高めのBMIの改善に役立つ

腸まで届くため、内臓脂肪に直接はたらきかけることができます。 そのため、内臓脂肪にはたらきかけ腸管まわりの細胞脂肪をコントロールし、 「脂肪分解の促進」と「脂肪の合成抑制」のダブル効果で内臓脂肪の低減をサポートします。(研究結果で確認済み)

ラクトフェリンは腸までしっかり届くことで力を発揮する

ライオンの研究ではラクトフェリンが腸までしっかり届くことで力を発揮することがわかっています。




ライオン ラクトフェリンの商品詳細


ライオンが自社開発したラクトフェリンは、メディアや口コミで話題沸騰中のサプリメントです。
熱や酸に弱いラクトフェリンをコーティングしてしっかり腸まで届くので、内臓脂肪に直接はたらきかけることができます。 そのため、内臓脂肪にはたらきかけ腸管まわりの細胞脂肪をコントロールし、 「脂肪分解の促進」と「脂肪の合成抑制」のダブル効果で内臓脂肪の低減をサポートします。 健康に加えて、ぽっこりおなかの解消にも最適のサプリメントといえるでしょう。

ラクトフェリンというのは、母乳や初乳に多く含まれる成分といわれますが、 市販で売られている加熱殺菌された牛乳などにはほとんど含まれていません。 普段の食事ではなかなか摂りにくいのに、ライオンのラクトフェリンは、腸までしっかり届ける形で、300mgものラクトフェリンが含まれています。 (※機能性表示食品制度により、商品には下限値として270mgと記載しておりますが、配合量は300mgです)

さらに、ライオンのラクトフェリンが特別なところは、 腸まで届くように特殊コーティングを採用しているところです。 ライオンのラクトフェリンは、「水などと一緒にかまずに食べる」のが効果的にできています・

楽天やアマゾンで購入するより、公式サイトより購入するほうがお得に購入できます。 継続して使用する場合は、毎月自動的に届く自動購入システムがあるので便利です。
価格 2980円+税(1世帯1個まで半額)
6060円+税(通常購入)
内容量 93粒(約31日分)
特典 1世帯1回1個まで半額キャンペーンあり。
トライアル あり(980円+税) ※1世帯1回1個まで


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1のラクトフェリンサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ライオン ラクトフェリンを体験!

人気のライオン ラクトフェリンを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ